2003年9月12日〜

温故知新

温故知新へようこそ!あなたはブログパーツUL5番目のお客様です。

 将棋の歴史は長いけれども、棋譜が残っているのは1600年位からであるから、400年程である。文学の世界においては、古い文献も保存されて現在も著名なものであれば、文庫本等で読むことが出来る。しかるに、将棋に目を移してみると、詰将棋については、現在もおおよそ昔の物も可也伝えられていますが、それ以外の実戦集や定跡書については、有名なものであっても現在目にすることは難しい。
 昔のものは取るに足りないという意見もあるでしょうが、過去があっての現在であり、また先達の遺産として伝えて行くことが必要ではないか、と思うのです。
 ここに、私のコレクションの一部を紐解き、皆様に見ていただき将棋文化を伝える一助となれば、それに優る喜びは有りません。

メニュー

定跡書 昔の定跡書です
手合集 昔の手合集です NEW
詰将棋 詰将棋の研究や雑感です
特選譜 手合集より選んだ名棋譜です
失われし言葉 昔よく聞かれた三味線について
掲示板 このサイトに対するご意見や、資料の提供をお願いします
雑感 戯言です
将棋雑記 ブログです NEW
履歴 履歴です
メール 何かあればどうぞ